Event is FINISHED

2020年度 第3回月例研究会(平和・安全保障研究所)

Description

 ⽉例研究会は、原則として毎⽉1回、第⼀線の研究者や実務家の講演とご参加の皆様との質疑応答を通して、その時々の重要な外交・安全保障問題に関する理解を深める機会として実施しています。
 本年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、オンラインで実施することにいたしました。従来は招待する形式で実施しておりましたが、今回は新たな試みとしてオンラインの研究会に一般の方も参加いただけるようにいたしました。ご関心の皆様のご参加をお待ち申し上げております。


【日時】 2020年9月28日(月)18:30~20:00 
【場所】 オンラインにて実施いたします。(ZOOMを使用予定)

【題目】 「ポスト安倍時代の日米関係」

【講演】村田 晃嗣(同志社大学 法学部 教授)

(略歴)同志社大学法学部政治学科卒業。神戸大学大学院法学研究科博士課程修了、米国ジョージ・ワシントン大学大学院博士課程(政治学)単位修得、神戸大学博士(政治学)。広島大学総合科学部助教授、同志社大学法学部助教授、同教授、同法学部長・同学長を歴任。読売論壇新人賞優秀賞、アメリカ学会清水博賞、サントリー学芸賞、吉田茂賞を受賞。日本放送協会(NHK)経営委員会委員長代行、防衛省参与、一般財団法人平和・安全保障研究所研究委員、国際安全保障学会理事・企画運営委員、京都日米協会会長。著書に『大統領の挫折 カーター政権の在韓米軍撤退政策』(有斐閣)、『米国初代国防長官フォレスタル 冷戦の闘士はなぜ自殺したのか』(中央公論新社)、『アメリカ外交 苦悩と希望』(講談社)、『プレイバック1980年代』(文藝春秋)、『現代アメリカ外交の変容 レーガン、ブッシュからオバマへ』(有斐閣)、『レーガン いかにして「アメリカの偶像」となったか』(中央公論社)、『オバマ大統領―ブラック・ケネディになれるのか』(文春新書)などがある。平和・安全保障研究所奨学プログラム第4期生。
Mon Sep 28, 2020
6:30 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般 SOLD OUT ¥2,000
学生(大学・大学院・専門学校・高校) SOLD OUT ¥1,000
Organizer
一般財団法人 平和・安全保障研究所
35 Followers
Attendees
21